心理学

ホ・オポノポノ②

前回、ご紹介した心の浄化法である「ホ・オポノポノ」。

試されてみましたか?(^^)

どうだったでしょう?

もし、なにか良い変化があなたの内側に起こったなら、とても嬉しく感じます。

 

さて前回は、「メンタルヘルス」的観点から、

「なにか出来事が起こって、感情が動いたとき」を中心に書かせていただきました。

でも実は、この「ホ・オポノポノ」、

そういう場合だけではくて、

あなたの目に飛び込んでくるあらゆるヒト、コト、モノにも使うといいそうです。

 

例えば、

ごはんを食べるときなら、

一緒に食べる人、お茶碗、コップ、お箸、料理、椅子、テーブル、レストランなど。

 

散歩しているときなら、

道路、靴、太陽、雲、道端のお花、草、街路樹、電柱、野良猫、郵便屋さんなど。

 

 

結構、途方もなく感じますよね(笑)

私も四六時中はできないので、散歩するときとか思い出すとやってみてます。

やってみると、いろんなことに気付けます。

 

「あ、そうか。こんな歩きやすい道路は誰かが舗装してくれたんだ」とか、

「人ん家のプランターのお花も私を癒してくれてるんだな」とか。

そのモノ自体、また、それを作ってくれたヒト、設置してくれたヒト。

自分の日常って、こんなに世界と繋がってるんだなぁと。

 

いろんなものに「ありがとう」をとりあえず伝えるだけで、

こころがほっこりします。

心理学的にも、「感謝」は幸福感を高め、心身の安定に効果があるということがわかっています。

 

以前、感謝日記の書き方『そいみあ日記』をご紹介しましたが、

紙とペンがなくても出来る「ホ・オポノポノ」は、すぐに試してみやすいですね。

私とは異なる気持ちや考え方が沸き起こったとしても、

それは、あなただけの感覚だから。

あなたが心地よければ、続けてみたらいいし、

イマイチなら、忘れてください(笑)

 

 

いまあなたがいる空間、

いまあなたが着ている衣服、

いまあなたが使っているスマホ、タブレット、PC。

 

さぁ、なにからやってみますか?(^○^)

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

すてきな日になりますように。

原ノ園ひより

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。