私のお気に入り

ローズの香り

昨日まで、バラの花効果についてご紹介してまいりましたが、本日は、バラの香りについてご紹介します。

バラの精油には、ローズオットーとローズアブソリュートがありますが、今回は、ローズオットーをご紹介しますね。

ローズオットー

  • 香りの分類・・・花系
  • 精油の主な働き・・・テンションアップ

古代エジプトのクレオパトラも利用したとされるバラ。その美しさと香りを巧みに扱い、シーザーやアントニウスを魅了したと言われています。

この精油の香りは、鎮静作用と高揚作用のどちらもあるため、心のバランスを取り戻し、強くしてくれます。

また、ホルモンのバランスも整えてくれます。生理不順、PMS、更年期症状で悩まれている方にもおすすめ。

また、収れん作用や細胞促進作用があり、美肌効果もあるため、古代から美容にも用いられてきました。

なんと精油1〜2㎖作るには、10kgのバラが必要なそうです。

2㎖で7000円台と、かなり高価な金額であるのも頷けます。

価格は、全て天然由来の本物であるかを見分ける目安にもなります。

 

バラには、女性に嬉しい効果がたくさんありますね。世界中で愛されているのも納得です(^^)

参考書籍→あたらしいアロマテラピー事典

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。