心理学

自分のなかの「多様性」を受け入れる

↑この前、公園に行った時、ベンチに座りながら

こんな景色を眺めていました。

空が広くて気持ちいいなぁ、

遠くに見える民家の瓦が太陽に反射されていて綺麗だなぁ、

そよ風が心地いいなぁ、など感じながら。

 

 

そして、遠くを見るのをやめて、

ふと近くの繁みに目を向けると、気づいてしまったのです。

↓ちょっと分かりにくいかもしれませんが、

真ん中の背が高い草、上の方が黒くなってるの分かりますか?

これ、アブラムシ。大量のアブラムシ(笑)

そして、テントウムシが忙しなく、アブラムシを捕食していました。

テントウムシにとっては、「大漁」のアブラムシ(笑)

 

 

遠くの景色を眺めているときは、気づけなかったけれど、

近くのものに焦点をあてれば、

他にもチョウチョ、ハチなどの昆虫、

カラスノエンドウ、ホトケノザなどの植物、

植物が育つ土を作っている土壌微生物、

わたしのすぐ近くには、たくさんの生命がありました。

わたしもそのイチブ。(参考過去記事→『いま必要なこと』)

 

「多様性」ですね。

で、ちょっと話繋げるのは無理やりなのですが(笑)、

私たちのこころも「多様性」があると思うんです。

 

 

「明るい人」だって、「ネガティブ」になることもあるし、

「優しい人」だって、「人に優しくなれない」ときもある。

「前向きな人」だって、「不安を感じて進めない」ときもあるし、

「勇敢な人」だって、「恐れを感じてたじろぐ」ときもある。

 

そして、どっちつかず「中途半端」、「グレー」なときもある。

 

どんな側面もあなたのイチブだから

それを発見したとき、認めてあげていいんじゃないでしょうか?

 

人間は、自分勝手に判断しがち。

ジャッジして、邪魔なものを排除しようとする。

 

わたしも虫は苦手で「イヤだ、あっちいけ〜」って思うけど、

わたしの好きな植物たちは

虫がいないと、生命を繋ぐことは出来ない。

みんなお互い関係しあって、うまくまわっている。

 

だから、あなたも自分の感情を見つけたとき、

それをただ、「あっ、こんなところにいたんだ」って

気づいて認めてあげてほしいです。

 

あなたの「光」をつくりだしている裏側には

あなたの「闇」があるものだから(^^)

 

あなたのなかの「多様性」すてきですよ。

 

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

すてきな日になりますように。

原ノ園ひより

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。