その他

花言葉とは①

花屋で働いていると、時々お客様から、

「このお花の花言葉はなんですか?」と

聞かれることがあります。

プレゼントするときなど、その意味も含めて相手の方に贈りたいみたいですね(^ ^)

正直ほとんどわからないのでそのとき調べるのですが。

このブログでもお花を紹介するとき、花言葉を載せていました。

そこで、ふと疑問に思いました。

「そもそも花言葉ってなんだろう?」

丁度いい本を発見したので、今日はこの本↓

『花ことば ー起源と歴史を探るー』

の情報を元に花言葉の起源を辿ってみたいと思います。

<18世紀頃のトルコのセラムが起源という説が一般的>

トルコには、様々な名詞に関連する詩句がありました。

それは、トルコ語で、その名詞と同じ韻を踏む他の言葉を暗示する表現方法でした。

この表現をセラムといったそうです。

セラムは特に若い女性たちの間で学ばれ、日常の中で使われていました。

例えば、

洋梨→私にいくらか希望を与えて下さい

これは、トルコ語の「洋梨」と同じ韻を踏む「希望」を連想させるようになっています。

他には、

黄水仙→わたしのこの思いを憐れんでください

石鹸→わたしは恋のため病気になりました

コショウ→わたしに返事をください

というようなものです。

 

色、花、果実、小石など何にでも対応する言葉があったので、

その「物質」を相手に送るだけで、

非難、情愛、友情などを伝え、

また儀礼的な内容やニュースなども伝えることができたそうです。

(日本の平安時代にしても、現代のJKにしても

女性はこういう言葉遊びをして、

コミュニケーションを取るのが得意ですね)

このセラム、上述の通り「花」だけのものではなかったのですが、

ヨーロッパに伝わった際、「花」の部分だけが抽出されました。

そして、ギリシャ神話、ローマ神話、聖書など、

文化的な連想から生じる言葉を

それぞれのお花に花言葉として当てはめていったようです。

そして、それらは恋愛に関わる意味を込められることが

多かったのだとか。

19世紀にヨーロッパで広く盛り上がった花言葉は、

その後、明治時代初期に日本に輸入されたようです。

そうして、それぞれの国で、

それぞれの文化、時代に沿った花言葉へと

変遷していき、今に至ります。

 

長いながい時間をかけて、今私たちが知っている花言葉になったんですね。

今回調べてみて、花言葉は、

ギリシャ神話やローマ神話などのエッセンスを含んだ

奥深い人類のツールの1つということが分かりました!

明日ももう少し花言葉についてお話をしたいと思います(^^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。