心理学

褒めることの効果

本日は、心理学のお話。

発達心理学者エリザベス・ハーロック博士が行った調査で、興味深いデータがあります。

それは、テストを返却する際の教師の態度で、同じ教室内でテストを受ける生徒(問題や時間は同一)にどんな影響が出るのかとういうもの。

テストを返す際、教師が生徒に対し

①どんな点数でも、できたところを褒める

②どんな点数でも、できてないところを叱る

③どんな点数でも、無視する(何も言わない)

という3つのグループに分けて、その後5日間の成績がどうなるかを見ました。

それぞれの結果は、

①グループの生徒→71%が成績アップ

②グループの生徒→19%が成績アップ

③グループの生徒→5%が成績アップ

という結果に。

②グループの生徒は、2日目に成績アップするも、それ以降は低下するようになっていきました。

また、③グループは、ほとんど変化なし。

この調査から、「人は叱られたり放任されるよりも、褒められた方がやる気や成果が上がる」ということが分かりました。

部下や後輩、そして自分自身にもかける言葉は

ほめ言葉の方が効果的ということですね( ^^ )

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。