今日のお花

クジャクソウ(青色)のココロ

クジャクソウ(キク科アスター属)

花言葉:ひとめぼれ、可憐

花色:ピンク、ムラサキ、アオ、シロ

開いた花弁が、孔雀の羽に似ていることから、こう呼ばれています。

クジャクアスターとも呼ばれていますね。

年中流通していますが、秋に最盛期を迎えます。

本日は、この青色というか青紫に近い色のクジャクソウが、仕事中気になりました。

水色のイキシアと合わせると、繊細で涼しげで可愛い感じになりました。

イキシアは花粉が多いので、それを買うのは断念。(主人が鼻炎なので……。)

野道に、ぽっと咲いていそうな小さくて可憐な花である、クジャクソウ。

そんなクジャクソウのココロ模様は?↓

クジャクソウは、自分を許す力をくれたり、甘えさせてくれる花。

誰でも、自分の弱さや醜いところがあって、認めたくないし、人に知られたくないこともあります。

そして、そういったところそのままに、気ままにいたいと思うときもあります。

そんなときに、無理をしなくてもいいよ、頑張らなくってもいいよ、と優しく慰めてくれるでしょう。

自然な優しさで、背中をさすってくれるようなお花です。

 

やはり、そのとき気になるお花って意味があるんだなぁと感じました(^ ^;)

実はここ数日、自信をなくすようなことが続いたのです。(ダイエット面)

お花は、分かってくれているんだなぁ〜……。

あ、でも、それを選んでるのは自分だから、自分が自分を分かっているということですね。

しばらくは、小さなクジャクソウに癒されて、自分を許そうと思います( ^^ )

参考書籍→花の心理セラピー

                   フローリスト花図鑑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。