今日のお花

いろいろカーネーション

母の日に一般的になったカーネーション。

(ちなみに、何故母の日にカーネーションを贈るか知りたい方はググってみてください。いろんなサイトで解説されています。)

実は、一時期その人気は低迷していたそうです。

旬のシャクヤク、バラ、アジサイなど、カーネーションにこだわらずに贈る方も多かったのだとか。

そこから何故また母の日の主流のお花になったかというと、多くの品種改良をして、

日本人好みのニュアンスカラーのものや、美しいグラデーションのものが登場してきたのが関係しているみたいです。

(もちろん昨日ブログに書いたように、カーネーションの心理効果も大きく関係していると考えられます。)

ナデシコ属は、属内の交配が容易で、どんどん新しい品種が登場しています。

ちなみに、サントリーが開発した、属内ではない「ペチュニア」などの青色色素をカーネーションに遺伝子組み換えしたものがあります。

その名も「ムーンダスト」。

青色というか、紫色の品種です。

花言葉は「永遠の幸福」。

美しい品のある紫色は、大人の女性にぴったりですね。

また、花言葉も素敵。

 

 

カーネーションは、本当に数多くの色や形をしたものがあります。

黄色、オレンジ、白、緑などなど。

贈る方に似合う色を探してみてはいかがでしょうか?

また、ご自分も、お気に入りの色を見つけて、

飾ってみてはいかがでしょうか?( ^^ )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。