今日のお花

サクラ(ピンク)のココロ

サクラ(バラ科サクラ属)

花言葉:心の美しさ、精神の美

 

子供から大人まで、お花には疎い男性でも

おそらく皆んなが知っているであろう

春の花の代名詞、「桜」。

日本人が昔から愛してきたお花のひとつです。

現在の日本では、「別れと出会い」のシーズンに丁度咲くため、

いろんな思い出と結びつく、なくてはならないお花ですね。

 

さて、そんま春に欠かせないお花である「桜」には

どんな花効果があるのでしょうか?↓

 

桜は、その花姿からも感じられるように、ふんわり優しく包み込んでくれるお花です。心が疲れているとき、また悲しいことや辛いことがあって気持ちが落ち込んでいるときは、やわらかく癒してくれます。

また、そんな慎ましい女性らしさも引き出してくれるお花です。

 

 

寒い冬を超えて、春に咲き誇る桜。

満開の桜と青空の景色を眺めたとき、

こころが「ふわっ」と緩んで和やかになった経験、

きっと多くの方があると思います。

そして、ひらりひらり散っていく姿に、

こころの靄(もや)が清めらていくのでしょう。

また、潔く散るその姿に、昔の人は「生命の儚さ」も重ね合わしてきました。

あなたは、桜を見るとなにを感じるでしょうか(^^)

 

 

花屋には、年末から5月ごろにかけて

様々な品種が入れ替わりながら、サクラが並んでいます。

街中で咲くソメイヨシノが待てなかったり、

終わってしまったときは、ぜひ花屋のサクラも覗いてみてください♪

どのサクラもこころを癒してくれますよ。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

すてきな日になりますように。

原ノ園ひより

 

参考書籍→花の心理セラピー

                   フローリスト花図鑑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。