心理学

カラーバス効果①

 

本日は、私たちの認知に関わる簡単な実験を1つやってみますので、

よかったら記事を読みながら、ぜひ1度試してみてください。

先は読まずにする方が楽しめます♪

それではいきますよ〜!

まず、今あなたがいるその空間を10秒ほど見渡してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、このまま目をつぶって、

さっき見た光景のなかから「赤色」のものを思い出してみてください。

いくつか思い出せましたか?

 

 

 

 

 

 

では、最後に目をあけた状態で、

赤色」のものを探してみてください。

 

 

どうでしょう?

「赤色」を意識する前よりも格段に、

「赤色」のものが目に入ってくるのではないでしょうか?

「あっ、あれも。これも赤色だわ。」と新しく気づけたと思います。

意識した情報(赤色)が、たくさん飛び込んできます。

これを「カラー(color)バス(bath〈浴びる〉)効果」といいます。

 

 

私たちの脳は、膨大な全ての情報を処理することはできません。

だから、自分が意識したものを認知しています。

これは、もちろん色だけでなく、あらゆることに関わってきます。

 

あなたは、

どんな情報が目に飛び込んできますか?

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。

すてきな日になりますように。

原ノ園ひより

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。