心理学

創作活動で心を癒す

先日、NHKの『ハートネットTV』という番組で、

「詩」を作り、自分と向き合ってきた女性が

紹介されていました。

 

 

「下手でもいいから、生きるためにつくる」という

雑誌の言葉に励まされ、

詩の創作を始めたそうです。

 

 

心の中のどうしようもない思いを言葉にのせ、

詩にすることで、自分の心と長い期間、

対峙されてきました。

それを続けることで、だんだんと心は癒されていき、

その後には、自分が今まで目をむけていなかった

自分の心の広さや、世界の豊かさに

気づけたそうです。

 

 

これは、私も今現在、

経験者だからとっ〜てもよく分かります。

私の場合は、フラワーアレンジだったり

絵を通してなのですが。

 

 

自分の「陽」の部分も、「陰」の部分も、

作品に現れるので、客観視することができます。

「陰」の部分を見るのは、少し辛いこともありますが、

でも、それに気づいて受け入れることで

なんだか前より自分の心に深み?厚み?が

出来たように感じます(笑)

 

また、私は言葉で的確に表現することは苦手なので、

こういった創作活動が合っているんだなと思います。

そして、私と同じような不器用さんにも

広めていけたらいいなぁと(^^)

 

 

あなたは、どうやって自分と向き合いますか?

向き合うことで、本当の自分に気付けたり、

前より自分のことを好きになります。

そして、不思議と他の人に興味がでたり、

愛しく思えたり・・・

 

 

真っ白なノートには、何をかいてもいいんです。

「詩」でも、「絵」でも、

「目標」でも、「夢」でもなぁんでも。

とにかくやることで、

「自分」が見えてきますから。

 

 

 

真っ白なノート、

まっさらな日々も

自由に創造していきましょう!

 

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

すてきな日になりますように。

原ノ園ひより

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。