心理学

「恥ずかしい」という感情

本日は、心理学のお話。

人間は、「恥ずかしい」という感情があります。

これは、私たちヒトは社会的動物なので、

グループ(社会)から排除されないようにするため、

ずっと昔からプログラミングされている感情なのです。

また「スポットライト効果」といって、

ヒトは実際よりも自分は「注目」を浴びていると思ってしまう傾向があります。

特に日本人は、欧米人よりも、人にどう思われるかを気にしやすいことが分かっています。

だから、「恥ずかしい」と感じることは当たり前。

ただ、行き過ぎると、「社会不安障害」などに繋がってしまいます。

意外と他人はひとのことを気にしていないということに気付くこと、

そして何より、

「恥ずかしい」と感じる自分がいることを

認めて受け入れることが、まずは大切です。

人前で緊張しやすい方は参考にしてみてください。

 

読んで頂いてありがとうございました!

すてきな日になりますように。

原ノ園ひより

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。