今日のお花

ガーベラ(ピンク)のココロ

ガーベラ(キク科ガーベラ属)

花言葉:感嘆、神秘的な美しさ

花色:赤、ピンク、オレンジ、イエロー 、グリーン、シロ、ミックスなど

今日は、昨日もご紹介しましたガーベラについてです。このお花はとてもポピュラーなお花ですよね。お手頃な価格で1年を通して店頭に並んでいる親しみやすいお花です。アレンジメントやブーケのメインになってくれます。

さて、お花屋の前や街を歩いている時に、ふと気づくとピンクのガーベラが気になる時のココロは?↓

恋をしているときに、気になる傾向があります。また、恋をしたい気分のときも気になるお花です。さらに、昨日もお伝えしたように、ピンク色には女性ホルモンの分泌を促す作用があります。そのため、ピンクのガーベラは恋する乙女の味方となってくれるでしょう。「新しい恋をしたい!」、「好きな人が出来た!」、「恋しちゃったんだ、たぶん♪」という方は、この花をお部屋に飾って素敵な恋愛に一歩踏み出してみてはいかがですか?

筆者の以前の職場で、当時彼氏と付き合い始めて間もない方がいたのですが、「このガーベラかわいいっ(°▽°)」と、その日入荷してきたピンク色のガーベラをとても気に入っていました。その方は、普段はどちらかというと渋めな色味が好きで、和のお花が好きな方でした。なので、恋をしたりして、心に変化があると、やっぱり気になるものは違うんだなぁーとしみじみ感じました。

明日はスイートピー(ピンク)についてお話する予定です♪

参考書籍→花の心理セラピー

                   フローリスト花図鑑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。