色彩のお話

緑色の効果

明日は祝日「みどりの日」です。

自然に親しむことと共に、自然の恩恵に感謝して豊かなこころを育むのを目的とされ、制定されました。

というわけで、今日は緑色の効果について少しご紹介したいと思います。

  • ストレスを軽減し、落ち着かせる

緑色を見ると、脳下垂体からアセチルコリンが分泌されます。このホルモンの働きによって、ストレスが解消され、リラックスでき、安心感や穏やかさを得ることができます。

  • 心身のバランスをとる

緑には、目や身体の疲れを取って回復させる機能があります。太陽光には緑色の波長が1番多く含まれていて、人間の目も緑色に関する感度が高くなっています。自然の中で最も多い緑色が、心身に負担が少なく、バランスを取る働きをしてくれます。

 

緑色は、人に安らぎを与える色なので、平和主義の色とも言われます。お家やオフィス、カフェなど、人が集まるところには、なくてはならない色ですね。観葉植物をひとつお部屋で育てるだけでも、それまでのお部屋の雰囲気とは全く異なり、癒しの一つになることでしょう。

ちなみに、黄緑色は緑色とはまた違った効果があります。黄緑色を見ると、成長ホルモンが分泌され、成長を促進してくれるのだとか。

新芽の色である黄緑色が、人の成長も促すなんて面白いですね。

自然の中には、黄緑色から濃い緑まで、いろんな緑にあふれています。いろんな緑に触れてリフレッシュしてみてください( ^^ )

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。