その他

癒しとは④

 

この前の記事で、

「信じる」ことが今の自分にとって

必要であると書きました。

今日はなぜ、そう感じているか

自分の気持ちを整理するために

書きたいと思います。

とても個人的な内容ですが、

あなたの苦しみ(精神面、肉体面)を取り除くきっかけになることも

少しは含まれると思うので

読んでいただけたら嬉しいです(^^)

 

 

 

私、実は「リウマチ」という病気に3年前になったんですね。

全身の関節が痛んだり、腫れたり、

西洋医学では完治はしないと言われています。

それで、お薬を飲んでからは、

ずっと体調は安定していました。

 

 

でも、子供も産みたいし、治したい。

そこでお医者さんと相談して

薬をゼロにするため、

昨年から少しずつお薬を減らしていたんです。

(薬を飲んでいると胎児に影響があるため)

 

 

年明けあたりからなんとなく痛いなぁと思いながら、

「まぁそのうち治るやろ〜٩( ᐛ )و」と

あまり気にせず。

 

 

そして2月に入って

歩くのが億劫になるくらいの痛みを

かなり久しぶりに感じてしまいました。

 

 

気温が急に下がったこと(体が冷えると痛みが増します)や、

食生活の乱れ(年末年始からいろいろ摂りすぎていた(^^;))などが

よくなかったのかなぁと。

 

 

あと、結局お薬は「対症療法」でしかないのだと

痛感しました。←文字通り(笑)

 

 

そう、身体はなにか理由があって

関節の痛みという症状を起こしている訳で。

それを改善しない限りは治るわけがないのです!!

 

 

3年前発症した頃は、

いろいろなストレスを抱えていたので、

「心の問題」がこの病に繋がったと思って、

心理療法を学びだしました。

 

 

そうして、

薬を飲んで安定してきた頃から

「まぁ、2、3年して気づいたら治ってるやろ〜( ´▽`)」

「薬やめたときに自然に治ってるやろ〜( ´▽`)」

と、楽観的に捉えてました。

 

 

そんな風に楽観的なところは、

わたしのいいところだと思います。

 

 

しかし!実際は治っていなかった……

 

 

「そのうち治ってら〜( ´▽`)」と

思っていたぶん、

ショックでした………。

 

 

でも!!

私は諦めません!!

今回「治癒したい!!」と

心の底から感じました。

 

実際、症状が全く出なくなった人も

たくさんいらっしゃることが分かりました。

 

「もう一度、しっかり自分と向き合おう。」

そう思い、いろんな情報を集めました。

 

 

いろいろな本を読んでいるなかで、

「治る」じゃなくて「治す!!」という覚悟と、

自分にそもそも備わっている

「自己治癒力」を「信じる!!」ということを

私はまだしていなかったんだと気づきました。

 

 

薬とお医者さん頼りではなく、

自分で自分を整える。

他力本願、依存しない。

自分を信じる!!

 

 

今は、

食べ物とか、運動とか、

出来ることに取り組んでいます。

完治目標は、6月。

もし、目標達成できなくても

それはそれでいいです。

できることはやったんだったら、

その先には、きっとまた成長した

自分がいると思うので。

とりあえず、今年は自分の身体にフォーカス!

健康は第一です。

 

 

 

結局は、本人のこころの力・前向きさが、

その癒しや幸せを感じる源であるということ‼︎です‼︎

 

↑これ、自分が過去記事で書いていたことばです。

 

 

 

 

あなたは、

自分のことを信じていますか?

いま辛いことがある人も、

もう一度自分のことを信じてみませんか?

 

 

私は、

わたしとあなたを信じます。

いっしょに乗り越えていきましょうね。

乗り越えたとき、

きっと、いまの痛みに感謝できると信じて。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

すてきな日になりますように。

原ノ園ひより

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。