今日のお花

ヒガンバナ(赤色)のココロ

 

ヒガンバナ(ヒガンバナ科ヒガンバナ属)

花言葉:情熱、あきらめ、再会

花色:アカ、キイロ、シロ、ピンク

 

 

 

別名に曼珠沙華(まんじゅしゃげ)という呼び方もあるヒガンバナ。

これは、サンスクリット語で「天界に咲く花」という意味で、

実は、おめでたい花なんです。

海外では、リコリスとも呼ばれ、

切り花やガーデニングで人気があるようです。

日本では、秋のお彼岸の時期に墓地で見かけることも多いからか、

少し不気味で不吉なイメージを持たれることもありますよね。

文化によって、お花のイメージも変わるのですね。

 

さて、そんなヒガンバナ(赤色)には、どんな心模様や心理効果があるのでしょうか?↓

なにか新しいことを始めたくなった時や、今後の新しい展開を望む時にパワーをくれる心理効果があります。また、自分のなかにそういったエネルギーが湧いてきたときにも、気になるお花です。

 

真っ赤で情熱的なヒガンバナ。

一面に咲いている景色は、まるで炎が広がっているようで圧巻されます。

あなたのこころに、ポッ、と燃えている炎を

外の世界に出すお手伝いをしてくれる、エネルギー溢れるお花です。

 

大体9月、10月あたりに咲くので、

その年が終わるまでの3ヶ月間ほどのうちに

やり残したことや、やりたいことを、

まるで応援してくれているかのようなお花ですね。

 

花言葉に、「あきらめ」というワードがありますが、

この言葉はもともと、「明らかにする」というのが語源。

ネガティブな意味ではなく、

一度明らかにする、クリアにするということ。

いったんそういったある種の浄化を挟むことによって、

また次のステップを見出せたり、歩き出せたりできるのです。

 

あなたのこころに燃えている炎。

情熱に、小さい、大きいは関係ありません。

どうか大切にしてくださいね(^^)

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

すてきな日になりますように。

原ノ園ひより

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。