その他

お月様

本日は、お月見。

昨日の記事に書いたようなお月見飾りはされましたか?

間に合わなかった方は、来年トライして楽しんでみてくださいね。

そして、何も用意はなくてもお月見(月への感謝)はできます。

私は、さっきベランダに出てみたけれど、

残念ながら雲が多くて見ることが出来ませんでした……。

月見だんごは、おやつにちゃっかり食べましたが(笑)

※本来は、お月様に農作物の収穫の感謝を込めてお供えした後、頂くのがベストです‼︎とってもマナー違反‼︎してしまったけど。

なぜ月にお供えするようになったかというと、

昔は月の満ち欠け、月の周期を基準にして、種植えや収穫など農作業を行なっていました。

月のリズムに合わせることで、人の食糧が生み出されていたわけですから、

当時の人にとっては、生きるために必要な情報を与えてくれる神秘的で大変有難い存在でした。

ところが、現在の私たちはコンビニ、スーパーで手軽に食べたいものはなんでもすぐに手に入ります。

だから月のリズムなんてことは、すっかり頭から抜けています。

抜けているから、お供えする前に食べてしまう現代人(私)も出てきてしまいました。

でも本当は、現代においても、お日様もお月様もなければ、

私たちが頂く生命も育まれません。(月は潮の満ち引きとも関係していますから)

忘れないようにしたいですね。

私は順番が逆になりましたが、ちゃんと感謝を伝えるために

もう一回後でお月様を空に探してみます。

ユング心理学の月の象徴とか女性性のことを書きたかったのですが、

長くなってしまったので、また今度書こうかなぁと思います。

では、よいお月見を(^^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。