その他

植物の「フィトンチッド」

風が通り抜ける木漏れ日の道。

黄緑色の新緑の季節が終わり、

木々たちもすっかり緑が深まってきましたね。

近所にこんな公園があって幸せだ!!

 

さてさて、

今回は植物のもつ癒しの力の1つである「フィトンチッド」について。

 

いま、森の香りをイメージしてみてください。

 

 

イメージできましたか?

山や森って、スッと澄み渡る独特の心地よい香りがしますよね♪

そんな森の香りの主な成分が

「フィトンチッド」と呼ばれる揮発性の化学物質です。

 

実はこの物質は、植物たちが自分にとって害となる菌などを殺すために、放出しているもの。

「フィト」は「自然」、「チッド」は「殺す」という意味。

 

菌にとっては、恐ろしいこの「フィトンチッド」ですが、

私たち人間にとっては心地よい香りに感じられ、

健康を促進させることが分かっています。

血圧を安定させたり、副交感神経の働きを優位にさせたり、免疫力の向上など様々な効果があります。

 

視覚による癒し効果(過去記事→『緑色の効果』)だけではなく、

嗅覚でも、私たちは木々に癒されているんですね。

 

最近、あまり自然と触れていないなぁという方は、

ぜひ木々のなかを歩いてみてください。

少し腰が重くても、

行けばきっと、こころも身体も軽くなりますよ(^^)

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

すてきな日になりますように。

原ノ園ひより

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。