今日のお花

バラ(ピンク)のココロ

バラ(バラ科バラ属)

花言葉:愛情、尊敬、上品、無邪気、奇跡

花色:アカ、ピンク、オレンジ、ブラウン、イエロー、ムラサキ、アオ、グリーン、シロ、ミックス

 

今、自分のなかでバラがちょっとしたマイブームなので、

今日は昨日の色違いをご紹介。

同じバラでも、色によって雰囲気はガラリと変わりますね。

よって、心理効果もまったく別物。

ピンクのバラにはどんなココロ模様や心理効果があるのでしょうか?

優しいピンク色のバラは、緊張を和らげ、こころを落ち着かせてリラックスさせてくれます。

また、女性ホルモンのバランスも整えてくれます。生理不順や更年期症状に悩まされているときには、側に置いておくといいでしょう。

やさしい女性らしさを感じるピンク色のバラ。上記のような効果を取り入れたい時は、ビビッドなピンク色よりも、柔らかい雰囲気のパステルカラーのピンク色を使用しましょう。

バラの精油である「ローズオットー」にも、ホルモン調整作用や、美容効果があります。

女性と縁のあるお花ですね。

飾るときには、ぜひ嗅覚からもバラを取り入れてみてください( ^^ )

参考書籍→花の心理セラピー

                   フローリスト花図鑑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。