色彩のお話

セルフ・プレゼンテーション②

さて、本日は中間色と寒色の洋服が、人に対して与える影響をご紹介したいと思います。

ナチュラルで自然体な印象を与えます。また、大人しさ、優しさといったイメージも。はっきりとした彩度の高いグリーンは個性的な印象を与えます。

神秘的で、少し色っぽい雰囲気を与えます。そして、古風で大人っぽい印象も。また、個性的な印象も与えます。

クールで知的な印象を与えます。また、爽やかなイメージも。本人も冷静になることができるので、ビジネスにはもってこいな色ですね。

白といえばやはり、清潔で爽やかなイメージ。上品で誠実な印象も与えます。多くの方に好まれる色でもあるし、ファッションにも取り入れやすい色ですね。

  • グレー

大人っぽい印象を与えます。真面目で、少し地味な印象を与えることも。上手く取り入れれば、都会的で洗練されたイメージとなります。

都会的で、かっこいい印象を与えます。また、強さも感じさせます。ビジネスやおしゃれとしては、取り入れやすい色です。ただ、少しとっつきにくい印象となるため、和やかなコミュニケーションをとりたいときには、使わない方がよいかもしれません。

 

昨日と同様、これらも色の濃淡でそれぞれ少し雰囲気は異なってきますので、おおまかな印象です。

ざっくりと、洋服の色が与える影響をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

自分が好む格好をするのは楽しいですが、

人にどのようなイメージを与えるかについてはあまり考えない方も多いのではないでしょうか?

私もその1人でした( ^^;)

でも色のことを勉強するようになってから少しづつ、

「今日は落ち着いた雰囲気に見せたいな。」などと、

考えるようになりました。

色を戦略的に使ってみるのも、楽しいかもしれません( ^^ )

参考書籍:人生が豊かになる色彩心理

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。