色彩のお話

日本の食欲色

※↑私の手料理ではありません‼︎料理は只今修行中の身でございます‼︎得意料理はカレーで……ごにょごにょ……。

さて、最初に誤解を解いておいたところで、本題に。今日は色の話をしたいと思います。色が食欲に大きく影響を与えるのは、皆さん経験的にご存知だと思います。その食欲をそそる色を食欲色というのですが、欧米と日本では少し違いがあるのです。

  • 欧米の場合→赤・黄・緑

かつて狩猟民族であり、肉食文化が大きく影響している欧米では、お肉の色である赤色が食欲をそそる傾向があります。その赤に、黄色や緑色の野菜などを添えて、美味しそうに感じるのですね。

  • 日本の場合→赤・黄・緑+白・黒

一方、日本人の場合、肉と野菜の3色と、さらに白と黒が食欲をそそる上で欠かせない色になります。農耕民族であった私たちは、お米の色である白色が必要なのですね。また、海に囲まれた島国で、昔から親しまれてきた海藻(わかめ・ひじき・のりなど)の色である黒色も欠かせません。他にも、白色は、お豆腐・練り物・大根など、黒色は、黒ごま・小豆などたくさんの日常的に食べている食材があてはまりますね。白黒のおにぎりだけで、私は食欲がそそられます。(笑)

ちなみに洋の東西を問わず、食欲増進を図る色は、オレンジ色です。ファミレスにも多い色ですよね。明るい団欒をサポートしてくれますし、胃腸機能を活発にしてくれます。お花だったら、食卓にはサンダーソニアがおすすめです。

逆に、食欲減退を図る色は、青色や紫色と言われています。特に青色は、自然界に青色の食べ物はないので食欲が湧きませんし、鎮静効果があるので落ち着きを取り戻せるのだとか。青色ダイエット眼鏡という商品も実際出ています。お花だったら、紫色のトルコキキョウがおすすめです。こころを静め、ストレスからくる暴飲暴食を抑えてくれます。

「食」は私たちの生活の大切な部分です。色を上手に活用して、食事を楽しく美味しく頂きたいですね。私も修行の身ですが、なるべく色味は意識がけています( ^ω^ )

参考書籍→花の心理セラピー

                   色の心理学

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。