心理学

トラウマ解消体験

昨日は通っているアートセラピーの教室で

自分自身のトラウマ解消体験をしました。

 

私たちは幼少期に、

父親や母親から受けた言葉や態度に

とても影響を受けています。

トラウマといったら、

虐待を受けたり罵られたりすることで出来る

と、思われている方も多いと思います。

しかし実際は、本当に些細なことでも

当時幼かった頃の私たちの心はとても傷ついています。

大人になった今考えてみると、「そんなことで?」と

思うようなことで、です。

 

そして、その傷ついたときに

もう同じように傷つきたくはないから

自分を守るため無意識のうちに、

ある「決め事」をしてしまいます。

 

この「決め事」とは、例えば、

「頼らない」「幸せにならない」「本音を言わない」

など、人それぞれです。

そして、その決め事を守りながら、

それぞれの人生を歩んでいます。

 

初めは自分のこころを守るために作った「決め事」。

でも、それは勝手に自分が決めたもので

もう余計なものです。

もしも、ずっとその「決め事」を守っていたら、

「頼れない」「幸せになれない」「本音を言えない」

人生になってしまいます。

 

私の「決め事」は「表現しない」でした。

この「決め事」に

今まで守ってくれた「感謝」と

これからはもういらない「別れ」

を告げたら、そのときはとてもスッキリしました。

そしていいのか悪いのか

なんだか前よりずっしりした気がします(笑)

強くなったということかな?わからないけど。

 

トラウマは上述したように、

幼少期のほんの些細なことで出来るので、

みんな誰でももっています。

そして、その傷を癒すことができるのはあなた自身です。

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

すてきな日になりますように。

原ノ園ひより

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。