心理学

外向的思考型

ユング8つのタイプ論。

まずは、外向的思考型をご紹介しましょう。

外向的思考型タイプの人は、

知性を基にして結論し、明確な立場を打ち出します。

その立場を言い切り、例外を許さない態度を示すことで、

外的状況に秩序を作りだそうとします。

このはたらきが上手く行われる場合は、

よい組織を作り上げたり、社会に役立つ理論を提唱したりする人となります。

上手く行われないと、他の人も自分と同じように考えていると決め込んで、1つの型にはめて支配的になることもあります。

企業や行政の要職、事業家、学者などにみられるタイプです。

このタイプの人は、内向的感情型が劣等機能。

感情を普段抑圧しており、芸術や趣味、友人付き合いなどを軽視する傾向があります。

あまりに感情が機能していない場合、意識的な制御を越えて突如現れてくることがあります。

例えば、常に論理的で合理的である学者が、

自分と反対の学説に対して、感情的な発言をしたりします。

たまにこういう討論?TVなどで見かけますね。

外向的思考型タイプの人の感情は、表には現れにくいですが、必ず隠れています。

言葉も言動も現れてこないため、

このタイプをパートナーにもつと不安になることもありますが、

実際は、深い思いやりを抱いていることもあるようです。

まずは、決めつけずに歩みよってみるのが大切ですね(^^)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。